ブログ

IZU INFORMATION/22.4.18

2022.04.18

(1)LIXIL 夏場の炎天下でも熱さを感じにくい人工木デッキ「デッキ DC」新発売
https://drive.google.com/file/d/1qEDLijhJqMTZ44tULWYJjhzmjaT7aGno/view?usp=sharing

熱伝導率の低い樹脂素材と独自の新技術「独立気泡構造」を取り入れ、
夏場の炎天下でも熱さを感じにくい人工木デッキ「デッキ DC」を 5 月 2 日より全国で発売。

■「デッキ DC」新商品特長
・熱く感じにくい人工木デッキ
人工木材に使われる樹脂は、一般的に天然木より熱が伝わりやすく、
熱く感じやすい傾向があります。
そこでデッキ DC は素材に熱伝導率の低い樹脂素材を採用し、
さらに独自の独立気泡構造を取り入れることで、天然木と同程度の効果を実現。
この気泡構造が肌触りのやさしさもつくり、重量は従来品の約 2/3 に軽量化しています。

・自然な風合いを楽しめる意匠性
床材表面に溝をつけ、陰影を強調することで天然木のような自然な風合いに。
表と裏のどちらも意匠面として使用でき、
上下左右の向きを変えることで柄のコーディネートが楽しめます。

・人工木ならではのカンタンお手入れ
土汚れは水洗いできるため天然木に比べて、日々のお手入れがラクにできます。
また、人工木なので、湿気で腐ったりすることがなく、
シロアリによる食害の心配もありません。干割れやささくれもないので、
お子様にも安心してお使いいただけます。

(2)ダイキン エアコンの試運転の重要性
https://drive.google.com/file/d/1qRFY8U62jLpil2PJcaZeCQK9KWcNGl9-/view?usp=sharing

エアコン試運転の手順・チェックポイント

①運転モードを「冷房」にして、温度を最低温度(16~18°C)に設定。
10 分程度運転しましょう。
■なぜ最低温度で10分間運転するの?
万が一エアコンに異常があった場合、検知するまでに約10分間の冷房運転が必要です。
また、エアコンは室温が設定温度に到達すると室内を冷やす動作を停止するため、
最低温度に設定しておくことで、室温が設定温度に早期に到達することを防ぎます。

②冷風がきちんと出ているか、異常を示すランプが点滅していないか、ご確認ください。
■ランプが点滅した場合!
異常停止している可能性があります。リモコンでエラーコードをご確認いただき、
お買い上げの販売店またはお客様相談窓口にご連絡下さい。

③さらに 30 分程度(目安)運転し、室内機から水漏れがないか。ご確認ください。
■なぜ30分程度運転するの?
エアコンは冷房運転時、室内機の中にある熱交換器が冷やされて結露水が発生します。
発生した結露水はドレン配管とよばれるホースで屋外に排水されます。
試運転では30分程度の運転で結露水を十分に発生させ、
水漏れしないか確認する必要がありあす。
屋外のドレン配管から水が出てくるところまで確認できれば安心です。

④異臭や異音がしないか。ご確認ください。
■異臭、異音がした場合は!
ニオイや音の種類のより、様々な要因が考えられます。
AI故障診断サイトから、ニオイや音の種類にあわせた原因を
ご紹介しておりますのでご確認ください。